2014年1月26日日曜日

心拍数モニタ、ペースメーカなどの体内デバイスに電力を供給するのに十分な電気を生成する小型の圧電インプラントを作成した。




















朝から見たくない人もいると思いますが、ペースメーカーなどのイノベーションを促す技術のプロトタイプだ。イリノイ大学+アリゾナ大学による研究。

ナノリボン・インプラントは、内部デバイスに電力を供給するのに十分なエネルギーを生成し、薄く、柔軟性のある機械的エネルギーデバイスは、整流器およびマイクロバッテリで、牛の心臓の上に取り付けられた。

生体適合性のプラスチックデバイスは、心臓、肺や横隔膜上に直接縫い付けができ体の部分が運動すると、少量の電気の生成を引き起こす。implantable-piezoelectric-nanoribbon-designboom
体内に移植されたときに、ペースメーカーまたは他の移植可能なデバイスを実行するのに十分な電力を生成することができる圧電素子を開発に成功した。

心拍数モニタ、ペースメーカ、除細動器、神経刺激器は、動作のためにバッテリ電力に依存する電子インプラントの広範なクラスを構成している。

体の自然の運動のプロセスから直接電力を獲得するための手段は、これらのための魅力的な代替デバイスとバイオメディカルデバイスの未来型を予見する。
http://www.designboom.com/technology/
http://phys.org/

0 件のコメント:

コメントを投稿