2017年4月26日水曜日

シェアオフィス、ミーティングルーム、カフェバー、リビングルーム、会議室などが混在した機能を持つcitizenM London Banksideに泊まってきた。
















80 年代にブティック・ホテルの嗜矢となった Morgans hotel group をフィリップ・スタルクがデザインし、従来のオーセンティックなホテルでは無く。人が集まるための装置としてホテルの機能を再定義した。ホテルの持つ機能は宿泊だけでは無い。シェアオフィス、ミーティングルーム、カフェバー、会議室などが混在した機能を持つcitizenM London Banksideに泊まってきた。















ホテルの部屋は眠れれば良いというミニマムに徹して、共有スペースをマキシムに豊かにするという方向が確立されてきたようだ。citizenM London Banksideはロンドン南東部に位置するスタイリッシュで現代的なホテルで、テート・モダンから徒歩2分、ミレニアム・ブリッジからわずか600mの場所にあり今行けているエリアだ。無料Wi-Fi、無料のオンデマンド映画を提供している。















間接照明のあるモダンでトレンディーな客室には、照明、LEDテレビ、音楽システム、ブラインド、室内温度を制御するタッチスクリーンのタブレット、シャワーが備わります。citizenMでは、24時間対応のフロント、ヴィトラ製家具のある共用リビングエリアを利用できる。

















iMacの無料利用、無料のプリントサービスも提供している。ビジネスセンターとしての機能も十分に備えている。24時間営業のCanteenMでは各種サンドイッチや温かい料理を用意し、バーでは生ビール、シャンパン、カクテルを楽しめる。コー​​ヒー、紅茶、ペストリー、温かいイングリッシュブレックファーストを提供する朝食バーもある。

























https://www.citizenm.com/destinations/london/london-bankside-hotel

2017年4月24日月曜日

「ミラノデザインウィーク2017」企業ブランディングの好例は、クリエイティブユニット「GO ON」とパナソニックデザインの融合

















企業ブランディングの好例は、京都の伝統工芸後継者によるクリエイティブユニット「GO ON」とパナソニックデザインの融合により生まれたクラフト家電"Electronics Meets Crafts:”だ。イタリア国立ブレラ美術アカデミーで展示して賑わっていた。賛否はあったが、B to Bに向かうパナソニックの数少ないコンシューマへーのメッセージとして、「工芸と電気」というコンセプトと演出には好感を持った。

"Electronics Meets Crafts:"のコンセプトのもと、高輝度プロジェクターや振動スピーカー、IH技術等のテクノロジーと伝統工芸が融合した五感に伝わるプロトタイプを展示。良い意味でパナソニックらしくない上質なインスタレーションだった。













その結果展示会のベスト展示を選定するコンペティション『Milano Design Award 2017』において、パナソニックが「ベストストーリーテリング賞」を受賞した。

今回、パナソニックが受賞した「ベストストーリーテリング賞」は、ストーリーとコミュニケーションを通してメッセージを明確に伝えた展示に贈られる賞で、パナソニックの展示は「流れるようなストーリー性を持ち、優れた伝統工芸に詰め込まれた先進技術があった。


















http://goon-project.com/

2017年4月23日日曜日

「ミラノデザインウィーク2017」nendo(佐藤オオキ)の「nendo : invisible outlines」

















今日のレポートはトリエンナーレ会場の近くで開催されたnendo(佐藤オオキ)の「nendo : invisible outlines」はファッションデザイナーのジルサンダーとのコラボレーションで行われた。相変わらず大変な人気で私にとっては初めて見るような一時間半待ちの長蛇の列だった。EUでのnendo人気に改めて驚いた。
はかなく美しく軽く白い日本デザインを象徴しているようなインスタレーションだ。今回の作品はモノの「輪郭」を目で追い、その輪郭線の「内と外」を識別することで、そのモノの存在や位置関係を認識することをテストしているように見える。モノの輪郭線に様々な操作を加えることで、時にはモノの存在を希薄にしたり、また、時には目に見えていない要素を自然と受け手の頭の中に生成させたりすることをテーマにした展覧会。
部屋の輪郭を断片的に抽出した「border table」

















動きの軌跡を可視化した「trace collection」


紙が持つ様々な状態や表情を輪郭のみで表現した「un-printed material」

面材をカットして引き延ばすことで輪郭線による山並みが生まれる「80 sheets of mountains」


立体物の輪郭を抽出してテキスタイルにした、Jil Sanderとコラボレーションプロジェクト「objectextile」

色の境界面によって花瓶と水の関係性を再構築しようと試みた新作「jellyfish vase」など、計16点の作品を集積した
























2017年4月21日金曜日

「ミラノサローネ国際家具見本市」「ミラノデザインウィーク2017」に行ってきた。「 S.F_Senses of the Future 」

毎年4月にイタリアのミラノで開催される、世界最大規模の家具見本市「ミラノサローネ国際家具見本市」「ミラノデザインウィーク2017」に行ってきた。多くの展示の中でいくつか興味深い展示をレポートする。















Rho-Fiera(ロー・フィエラ) の本会場はより商業的色彩が強くなっていた。一方市内のあらゆる場所で行われているイベントは古く歴史のある空間を活用して、新しいプロダクトとの組み合わせが意外に新鮮だった。





まず大変印象に残った吉岡徳仁とLGがコレボレーションした「 S.F_Senses of the Future 」は素晴らしかった。スフォルツェスコ城前のDecathlon Milano Cairoliで行われた大規模な光のインスタレーション『S.F chair』『Wall of the Sun』が出展された。















吉岡徳仁のアートとLGの最新テクノロジーが融合した光のインスタレーションを展開。光の織りなすポエティックな表現がかつて体験しなかった空間が生み出された。非常にシンプルな虹色のグラデーションが動くディスプレイ三枚で、コの字型に組まれ水平に椅子のような形状だ。そして背中にはもう一枚ディスプレイが立つシンプルな構成だ。















大きなスペースに十数個のオブジェクトがシンプルな構成でプロダクトが静かにささやくようにインターラクションしている。1300以上の出展からノミネートされた40作品の中で、最も優秀な作品に贈られる最高賞を受賞した。


2017年3月28日火曜日

アップル「iOS 10」で多様性を反映した絵文字を追加した「ダイバシティ based デザイン」の時代だ。


 デザインがダイバシティではなくて「ダイバシティ based デザイン」ダイバシティは、新しい仕事のやり方だ。多様な考え方が、自分では思ってもみなかった新しいアイデアを生むということもダイバシティの良い点だ。個人個人が持ち寄れるDifferencesが、最終結果に良い影響をもたらすのがダイバシティのあるべき姿。









自分だけが正しい、自分と同類の種族だけが正しいのではなく、他の人も良いアイデアをもたらすと考える。国籍、宗教、文化が違う人たちが寄って、あたらしいイノベーションを起こすという考え方だ。

















ダイバシティをデザインに取り込んだAppleは昨年新しい絵文字について発表し、iOS 10ではジェンダーの多様性により配慮した選択肢を提供することを強調した。







次期アップデートには新規追加およびデザイン変更した絵文字が100以上含まれ、女性のアスリートや専門職の絵文字、肌の色の選択肢が増えたほか、新たにレインボーフラッグが追加となり、母子家庭、父子家庭の絵文字も登場し家族構成の選択肢もより多様になっている。












これは絵文字に現実世界を反映させようとするAppleの試みだ。これまでにも人物の肌の色を選べるようにするなどの変更を行っている。黒人のサンタクロースや筋トレする女性の絵文字を使いたいユーザーは、昨年末にはAppleの「iOS 10」で希望がかなう。
















年々ダイバーシティ(多様性)への配慮が目立つ絵文字だが、新たにUnicodeのフォーラムで「赤髪」の追加が検討されることが分かった。赤い髪を持つ人間は全人類の2%にも満たないマイノリティーにも配慮した。これからもますますダイバシティ絵文字が続々と出てくるようだ。リーディングカンパニーは文化や倫理にも発言する時代だ。
記事ソース:https://japan.cnet.com/article/35086787/
記事ソース:http://iphone-mania.jp/news-152138/


2017年3月21日火曜日

エクストリーム・アイロン掛けは、世界の珍しいスポーツの中でもかなりレベルが高い。


人里離れた場所でアイロン台を広げて服にアイロンを掛けるエクストリームスポーツである。















この際電源はどう確保したか?と細かいことは気にしない方が良いが、極限の自然環境下ではアイロンを稼働させる為の電源を確保する事は不可能に近い為、昔ながらの火延し鏝(電気が存在しなかった時代の、本来のアイロン)や充電式の物を使用したり、ガスバーナーでアイロン台の下から衣服を直接温めてアイロンがけをするという手法がとられる。














このスポーツのプレイヤーはアイロニスト (ironist) と呼ばれる。行なう場所としては、難易度の高いクライミングを伴う山の斜面や、森、カヌーの上、スキーやスノーボードの最中、大きな銅像の頂上、大通りの真ん中などがあり、アイロン掛けの目的をほとんど無視して、スキューバ・ダイビングをしながら行うこともある。もっと激しいのはパラシュート降下中、湖の氷上でも行われた。これらのパフォーマンスは個人および団体でも行われる。















世界にはいろんなスポーツがあるが、なかでもこれは特にエクストリーム!山の斜面、水中、空中、スキーやマラソン中など、さまざまな場所でアイロンがけにトライ。アイロンがけをスポーツにした「エクストリームアイロニング」はイギリス発祥のスポーツ。


















世界中のスポーツの大半はイギリス発祥だ。このスポーツのプレイヤーはアイロニスト(ironist)と呼ばれる。世界大会も開催されており、第一回大会には10ヶ国の参加者が集まるなど人気が広まっている。





























エクストリームアイロニングは「極限状態の場所で平然とアイロン台を出し、涼しい顔でアイロンがけを行う」事が基本原則だ。究極のやせ我慢スポーツだ。やはりSNSの流行も大いに貢献している。面白いことに「衣服のシワを伸ばす」という本来のアイロンがけの目的は大して重要視されない。

















ガーディアン紙はこのスポーツについて、イギリス人の持つエキセントリシティ(eccentricity:奇行)の伝統を踏襲したスポーツと紹介している。

















2005年、日本にて「エクストリームアイロニングジャパン(Extreme Ironing Japan)」という公式活動団体が立ち上がり、代表の松澤等(まつざわひとし)を筆頭に、大塚、堤、金城、鳥井などのアスリートメンバーらが、世界で最も精力的な活動を日本国内にて行っている(2011年現在)。













松澤は日本初のエクストリームアイロニング本「そこにシワがあるから(早川書房)」を出版している。2014年8月、エクストリームアイロニストクラブ代表のアイロニスト MAKI 杉本真樹(医者)が、富士山山頂剣が峰3,776mへ、高さ1mのアイロン台を背負って登頂、日本最高峰アイロニング記録 3,777mを樹立した。

















最も重要な点は、いかに独創的なスタイルでアイロンがけをしたかという芸術点、そしてタイム。素早く、きちんとシワが伸ばせていることはアイロニストにとっては普通。いかにエクストリームなアイロンがけが出来るかが魅せどころ。





























記事ソース:https://matome.naver.jp/
記事ソース:https://ja.wikipedia.org/