2019年11月13日水曜日

Stylusとamanaの共催イベントが昨日2019年11月 12日に行われました。



内容は「Innovationを牽引するには何が必要か、どういう苦労を乗り越えたのか」といった内容を廣田周作氏のファシリティーの元、坂井がサポートしながら、日本ゼオンの特命X1プロジェクト/projectLNESのリーダー児島 清茂氏にお話伺う形で行われた。
左から日本Stylus 社の秋元陸社長 廣田周作氏 児島 清茂氏 坂井直樹
























WATER DESUGNは、電通でイノベーションリサーチや未来戦略を研究していた現在HENGEの廣田周作氏と協力して、Stylus社のノウハウを紹介している。Stylus(http://www.stylus.com/)は、イノベーションに関する調査・助言を行い、企業の未来戦略や新規事業などの経営戦略をサポートするアドバイザリーファームだ。






















2009年英国ロンドンに設立し、現在世界中で500社以上、日本でも30社以上のクライアントを獲得。「アドバイザリーチームの専門知」と「領域横断的な情報ネットワーク」を武器に業界の垣根を超えてイノベーションのアイディアを提供している。






















イギリスとアメリカを拠点に、世界中のイノベーションを調査・研究し、企業の新規事業開発のアドバイスを行うStylus。これまで同社は、世界のイノベーション事例を紹介するイベント「Innovation Forum」をロンドンとニューヨークで開催してきたが、ついに2016年7月、日本に初上陸を果たし2019年11月 12日 (火曜日)amanaとstylusの共催イベントが行われた。
パーティービール



2019年11月7日木曜日

革新的な拡張現実の本がダンス、演劇、文学、テクノロジーを融合した。




Adrien M / Claire B Companyとして一緒に働いているAdrien MondotとClaire Bardainneは、マルチメディアプロジェクトで具体的で拡張された現実の交差点を探る。彼らは最近、彼らの最新プロジェクトであるAcqua Alta – Mirroring the mirrorをサポートするKickstarterを立ち上げました。 Acqua Altaは、一見シンプルなポップアップ本を白黒のアニメーション世界に変える。

2人の人物がページ内を移動し、暴風雨と戦い、出入り口を歩きます。これらはすべて、タブレットやスマートフォンのポータルから見える。「魔法のようなシーンは、実空間とAR空間が完全に同期している場合にのみ発生する。」「劇場、ダンスだけでなく、コミック本やアニメーションなど多くの分野の境界にいることは非常にエキサイティングだった」と語ります。