2018年12月14日金曜日

のん〞が創作パワーを存分に発揮 初めての個展開催 のん〞ひとり展「女の子は牙をむく」


〝のん〟初めての個展が開催された
坂井が会長を務める、株式会社スピーディ (福田淳社長)は〝のん〟のマネージメントが 事業のひとつだ。その〝のん〟の初めての個展が「 女の子は牙をむく 」と銘打って東京(4月 19日~5月8日 / 渋谷パルコ)と大阪(6月 7日~26日 / 梅田ロフト)で開催された。

〝のん〟ならではの展示が炸裂
タイトルの「 女の子は牙をむく」は、女の子の 凶暴さや無鉄砲さを表現しているという。〝のん〟 は女優、モデル、ミュージシャン、絵描きと多く の顔を持つ「創作あーちすと」だ。この初個展 では、本人が打ち出したコンセプトに基づき創作 された絵画、立体造形、インスタレーション中心 に、スケッチ、自作衣装など様々な形態のアート 作品が展示された。

















また、一見「抽象的」と見える 作品群を、〝のん〟自らが身体を使い、演出を加え て、より「具象的」に落とし込んだ写真の数々も 披露された。

来場者を楽しませる工夫が満載の会場
会場は写真 OK で、フォトスポットも設けられ、 単に作品を見るだけでなく楽しく遊べるスペース となった。〝のん〟も参加するイベントや、楽しい グッズの数々、図録でもあるフォトアートブック など、作品以外にも多様な楽しみが提供された。 〝のん〟の来場者を楽しませようという気持ちが 会場の隅々まで行き渡り、それに応えて会場は 大盛況だった。




























http://spdy.jp/
https://amzn.to/2RSpE9E


2018年12月13日木曜日

贈り物はアートな理由(わけ)


毎回全力投球の贈り物で僕を感激させる様々なプレゼントの中でもユニーク度No1スピー ディの福田社長からのプレゼントを紹介する。





























今年の誕生日にも、仕事仲間で遊び仲間でもあるスピー ディの福田淳社長から、今年も素敵な贈り物を戴いた。それが、とても心のこもった全力投球の逸品で、あまりに素晴らしいので、僕が独り占 めするのはもったいないと思い、この誌面でご披露させていただく。

















相手の反応も考え抜かれた贈り物は、 T シャツ、オブジェとケーキ。T シャ ツ、オブジェはザリガニワークス(※1)、ケー キは KAYO さん(※2)の作品だ。いずれも一 品制作。その出来映えは写真をご覧頂ければ十 分伝わると思う。





























いただいたモノの素敵さは勿論だが、多忙な福田さんが一ヶ月もあれこれ準備に費やしてくれたというその気持ちも有難い。 その一ヶ月のディレクションを経て僕の元に届いた贈り物は、改めて僕に「贈る」という行為全体もアートなんだと気づかせてくれたのだ。



























































※1 ザリガニワークス http://www.zariganiworks.co.jp
※2 carrycookies_KAYO https://www.instagram.com/_carrycookies_kayo/

WDQJ坂井直樹のデザインの色眼鏡から
https://water-design.jp/

2018年12月4日火曜日

「陳」姓の人々が一族の祖先を祭るとともに、一族の子弟を教育するために造った書院「陳家祠」


先週は広州デザインウィークに行って来た。日本のデザイン界と違って多くの若い人が来場し、「これから感」満載だった。広州は中国広東(カントン)省の省都。珠江デルタの北端に位置する商工業・港湾都市。古来、華南最大の貿易港として栄え、アヘン戦争以後は革命運動の中心地となった。






















人口、行政区852万。陳氏書院は広東省広州市中山七路に位置している。ここは広東省に多い「陳」姓の人々が一族の祖先を祭るとともに、一族の子弟を教育するために造った書院で、陳家祠とも呼ばれている。






















陳氏はかつて河南省周辺に存在した小国「陳」を発祥とする姓で、紀元前1127年、舜の末裔であった陶器匠・嬀満が周の武王より与えられた土地(現在の河南省淮陽)で建国したことに始まる。

紀元前478年に陳は滅亡し、その末裔たちが四分五裂される中、亡国となった母国の名を姓とした人たちの末裔が現在の陳氏だ。そういえばアランチャンをはじめ陳(チャン)という名前の中国人の友人が多い。





























話は少しずれるが電通のBチームのメンバーの中に「田中宏和」という方がいて、現在役140人の同姓同名の田中宏和さんが集まっていて「田中宏和運動」を推進する。「田中宏和ブランド」の確立することが目的。この世界に同時に生きている人たちがいる。

















ただ同姓同名というだけの理由で、「田中宏和同士」が交信・交流し、ならびに「田中宏和界」の健全な発展を願い、という一見たわいのないようにも見えるが、FBなどSNSで皆さんも同姓同名が意外にも多いことに気づかれるだろう。

http://www.tanakahirokazu.com/