2019年10月19日土曜日

拡張現実と昔ながらの木工技術が、フィンテックで一躍名を上げたエストニアのタリン市はしなやかなパブリックアートを作り上げた


2019年のタリン建築ビエンナーレで、発表されフィンテックで一躍名を上げたエストニアのタリン市の新しい公共建築物が大きな評価を受けた。 SoomeenHahm Design、Igor Pantic、およびFologramによって作成された少しスチームパンク的なアート、しなやかな彫刻のパビリオンで先進的な技術と旧世界の木工技術を融合している。隈研吾さんが最近盛んに木材を外側に使った建築を作っている。
















 「コンピューター支援製造とロボット工学により、建築家は設計の具体化をかつてないほど制御できるようになった。伝統的な工芸の慣習によく見られるニュアンスと繊細さは、ロボット生産のアーティファクトにはありません」と設計チームは語った。















設計者は、急降下するカーブ構造を形成するために、拡張現実を使用して投影されるデジタルモデルを作成した。これらの投影法は、スチームパンクを構築するためにスチームベント広葉樹とハンドツールを使用した建設チームのガイドとして機能した。

ttps://www.dezeen.com/


2019年10月13日日曜日

北京に行くときは、必ず泊まる「NUO ホテル」中国の進化を見ることが出来るラグジュアリーホテル。






























北京が提供するワールドクラスのomotenashiサービスで、中国の進化を見ることが出来るラグジュアリーホテル。798芸術区の拠点となるシックなエリアに近いNUO Hotel Beijingは、数多くの芸術作品の宝庫で、地下鉄将台駅(14号線)から徒歩15分のロケーションにあります。スパセンター、宴会場、ギャラリースペース、フィットネスセンター、レストランを併設している。




































NUO Hotel Beijingは、賑やかな飲み屋街の三里屯酒吧街まで車でわずか20分、北京南駅と北京西駅まで車で35分以内、北京首都国際空港まで車で35分だ。部屋はテクノロジーと芸術、環境保全への配慮を組み合わせ、モダンな明王朝風にデザインされている。落ち着いた青、白、ダークブラウンを基調とした内装で、伝統的なランタンと絵画が飾られている。部屋の専用バスルームにはホットタブ。忙しい1日の後にくつろげるシーティングエリア付きのお部屋もあります。






















滞在中は茶室で香りの高いお茶を楽しんだり、名高いアーティストによる洗練された芸術作品が展示されているスパセンターでスパトリートメントを受けられる。ホテルでは宿泊客が旧市街の魅力を体験できるよう、自転車や車のレンタルサービスも提供している。フリータイムは屋内スイミングプールや庭園でくつろげる。





















NUO Hotel Beijingには、終日営業の中国料理レストランN' JoyやJiaをはじめ、多様なニーズに応える6軒の飲食店がある朝陽区は「ショッピング」「食事」「伝統料理」に興味がある人におすすめ。









https://jp.hotels.com/ho492449/?pa=1&tab=description&ZSX=0&SYE=3&q-room-0-children=0&q-room-0-adults=2

2019年10月4日金曜日

「Shop Grobal Like A Local」「出張型」のライブコマース「ShopShops」世界中の都市から中国に配信する。

友人を通して「出張型」のライブコマース「ShopShops」の役員Helenaから連絡があった。早速オフィスで会ってみると、もと小米科技(Xiaomi)の役員もやっていたやり手ウーマンだった人。「商品の魅力をより忠実に伝え、満足度の高い購買体験をもたらす」ということはEコマースが長年抱えていた課題だ。

「Shop Grobal Like A Local」は良いキャッチコピーだ。そんな中、店頭でのショッピング同様の購買体験ができると注目されているのが「ライブコマース」だ。年間50億を売り上げるセレブも誕生。中国で社会現象となった。

今は、ユニークな手法で存在感を発揮している新たなライブコマースアプリ「ShopShops」が注目を集めている。「出張型」のコンテンツ配信の快進撃だ。ライブコマースアプリ「ShopShops(ショップショップス)」は、その配信場所に特徴がある。

多くのライブコマースアプリは、インフルエンサーがスタジオや自宅からライブ配信を行なっている。しかし、ShopShopsのインフルエンサーは、ブランドの店頭に“出張”し、ショップの中からライブ配信を行うのだ。つまり事業開始からグローバルな展開だ。たとえばNYCのブティックから中国本土のユーザーに向けて配信する。

インフルエンサーはユーザーのかわりにショップに出向き、試着をして正直な感想を述べたり、視聴者の疑問や不安に答えたりしながら商品を紹介する。ユーザーはインフルエンサーに自分を投影し、まるでそのショップで実際に買い物をしているかのような感覚でショッピングを楽しむことができる。

ライブ配信には、インフルエンサーがレポーターの役割を担い、ショップからブランドの魅力をまるごと生中継する。ShopShopsは「OPENING CEREMONY(オープニングセレモニー)」「3.1 Phillip Lim.(3.1フィリップ リム)」「EVERLANE(エバーレーン)」などデザイナーズブランドやスタートアップ系のブランドとパートナーシップを結び、これまでにロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨーク、マイアミで200を超える店舗イベントを開催してきた。














2016年9月から2017年6月にかけて、これらのイベントを通じた同社の総売上は、100万ドル(約1億900万円)を突破した。彼らの活躍は注目を集め、今年4月にシードラウンドで610万ドル(約6億4,600万円)の資金調達を行った。今は約15億の調達に成功している。

ブランド、インフルエンサー双方のファンをターゲットにする配信に強みがあると考える。中国・北京出身のLiyia Wu(リイア・ウー)氏が2015年に立ち上げたShopShopsは、当初アメリカに来た中国人旅行者向けにショップを紹介するものだった。だが、スマホ1つあれば、どこにいてもショップに足を運べるかのような体験ができる点が支持され、越境ECとして注目を集めている。

ShopShopsは従来のライブコマースで獲得できていなかった「ブランドのファン」にリーチし、成功をおさめている。影響力のあるインフルエンサーが商品を販売する従来のライブコマースは、主に彼女・彼らのファンから支持を集めていた。










































 一方で、インフルエンサーがショップへ出張し、商品のみならずブランドの魅力を配信するShopShopsは、そのブランドのファン向けの「コンテンツ」となっている。インフルエンサーとブランド、その両方のファンに支持されたことで、多くのファッション好きを熱狂させるサービスとなったのだ。

今回の資金調達により、ShopShopsはサンフランシスコ、ボストン、ソウルとさらに今後の活動の場を広げる。今秋にはパリやロンドン、ミラノのファッションウィークでの生配信を、2019年までには24時間いつでも閲覧可能な番組配信を行う予定だ。

ネットショッピングの未来を担うライブコマース。次の一手は「体験型」か?“サロン領域特化ライブコマース”が登場。スマホを通した美容のプロとコミュニケーションしながらの購買体験。2019年には3.5兆ドルにまで拡大すると予想されている世界のEコマース市場において、ライブコマースはネットショッピングの新時代を切り拓く施策として注目を集めている。

img :ShopShops,ShopShops哪逛
https://www.shopshops.com.cn/
https://amp.review/2018/08/05/shopshops/を引用編集して、私の意見を書き加えた。


2019年10月2日水曜日

快手は最大57秒の動画を投稿共有できるアプリでユーザー数は7億人。































9月に北京に行った。10月1日京の天安門広場で中華人民共和国成立70周年を祝う大会が行われることもあり、交通規制だらけの北京で、町の真ん中に入れないので周辺というか郊外の町にあり主に短尺動画をテーマに興味深い企業を回った。その中でも従業員数8,000人の最大手、快手(Kuaishou)に行って来た。











快手は中国で展開されているショートビデオSNSアプリだ。ユーザー数は7億人を超えており、ビデオの投稿、編集、ライブストリーミングサービス等を融合させたSNSとして、中国では大変有名なアプリだ。
















2017年には、テンセントから3.5億米ドルの投資を受けており、ますますの発展が期待されている。中国では、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSが規制されており使用できない。しかし中国独自のSNSが発達しており、その1つとして「快手(Kuaishou)」が人気を集めている。快手は最大57秒の動画を投稿し、共有できるアプリだ。機能が似ていることからInstagramの中国版とも言われており、2019年時点でユーザー数は7億人にものぼる。














投稿は動画のみですが、機能はInstagramと似ている。Kuaishouの創業者は宿华という人物だ。1982年に中国湖南省の農村に生まれた彼は、幼い頃から神童として有名だった。中学生時代からの彼は、大好きなPCゲームの武器を手に入れるために、プログラミングのコードを夜な夜な解読し、ギークとしての才能を開花させるなど、ゲームとプログラミングに夢中になっていた少年期・青年期だった。





























その後、清華大学ソフトウェア博士課程に進み、研究を続けていた彼は、北京の不動産価格の急上昇・中国経済の盛り上がりを目の当たりにし、ビジネスの世界へ飛び出すことを決めている。2011年、宿华は仲間とともに、Kuaishouを立ち上げている。






















Kuaishou起業までの失敗と、企業後の試みを、宿华はこう語っている。「私が自転車に乗った時、人々はそんな自転車じゃ遠くまで行けない、と言った。私が乗用車に乗り換えた時、人々はこの先には崖っぷちが待っている、と言った。私は人々の言葉には耳を傾けなかった。崖っぷちが待っていたら、飛行機に乗り換えるだけのことなんだ。今、私は飛行機に乗り、行きたいところに行くことが出来る。」起業家ならではのポジティブシンキングだ。