2021年1月16日土曜日

多層ガラスの脈動する光の部屋がラスベガスで初演


ラスベガスにあるニャーウルフの新しいスペースにあるクローディアブエノの水族館スタイルのインスタレーションに足を踏み入れ、自然の生命のゆっくりと振動する動きを体験できる。 「パルス」は、60枚のガラスパネルに細心の注意を払って絡み合わせた無数の白い線画で構成されています。照らされると、それらは光る塊の中で揺れ動き回るオウムガイの渦巻き、珊瑚  
「これが「パルス」であり、積み重なる図面のレイヤーを使用してアニメーションボリュームを作成する方法だ。ベネズエラ生まれのアーティストは、このプロジェクトのアイデアは、イエローストーン国立公園への訪問から生まれたと述べ、この6年間、この手法を改良してきた。照明システムを適用したときに、これらのフォームがどのように動く品質を持つかを理解している。
   
8か月の間に、女性のチームがブエノのアイダホスタジオでガラスパネルを丹念に塗装した。 「私たちが何時間も細い線を引き、お互いを共有し、支え合ったとき、仕事の反復的/瞑想的な質は私たちに非常に特別な癒しの空間を提供するのに役立ちました」と彼女は言う。  
使用しているサイズ、素材、ツールは関係ないようだ。同じ種類のパターンが何度も何度も現れ、お互いに構築され、複雑さとシンプルさの両方を同時に実現している。2D図面のスタックを視覚化してから、3Dになって移動するという、興味深い脳の挑戦だった。これは、非デジタルの手描きのタイムラプスまたはアニメーションのバージョンだ。


 













2020年12月30日水曜日

デジタルダンサーが形を変える衣装でイスタンブールの街で踊る。

イスタンブールを拠点とするGökalpGönenが監督とアニメーションを制作た。これは、Ilhan Ersahinのジャジーな新曲「Hurri-Mitanni(Good News)」へのカモフラージュされたキャストグルーブで、魅惑的な一連の変身だ。

匿名のキャラクターは、街中や街の空のポケットで踊るときに、無定形のアニメーションの衣装を着て、花のアンサンブルから万華鏡のような渦巻きで覆われた特大の人物、ひもに閉じ込められた別の人物に変身します。VimeoとInstagramでGönenの活発なプロジェクトについていく。また、UniversalEverythingによるこの催眠アニメーションを楽しむこともできる。 






2020年12月20日日曜日

くしゃみをする年金受給者がブリストルの新しいバンクシーの仕事で家の通りをノックダウン

 COVID-19の時代にマスクを着用しないことについての冗談の警告と解釈できるものの中で、ブリストルのトッターダウンの住民は、とらえどころのない芸術家バンクシーによる新しい壁画に目覚めました。 


この作品は、年配の年金受給者が入れ歯をくしゃみで吹き飛ばした。その後、家の通り全体をノックダウンする様子を描いている。アーティストが定義したステージ写真には、突風に襲われ転倒した男性が含まれている。 ワイドショットは、22度の傾斜で英国で最も急な通りであることで有名なValeStreetとしての場所を明らかにします。 












新しい作品の一つは、分解された自転車の車輪をフラフープとして使用している女の子をフィーチャーした、ノッティンガムでの別のサイトスペシフィックな作品が数か月後に登場するようだ。










https://tinyurl.com/y84npu2s

2020年12月2日水曜日

『欲望とインサイト インサイトハンターの日常』刊行記念 生配信トークイベント

詳細 『欲望とインサイト インサイトハンターの日常』刊行記念 
【先着100名限定】生配信トークイベント 
 ---------- 
日程  :12月 11日 (金)⋅16:00~17:30 
会場  :オンライン(ZOOM) 
参加費 :無料 
視聴方法:お申し込みいただいた方のみご案内させていただきます。
 備考  :先着100名限定 
---------- 
https://peatix.com/event/1731225 

概要: "コンセプター”として数々のイノベーション開発に携わり、日本のデザイン業界を牽引してきた坂井直樹と、かつてP&Gでヒット商品開発に手腕を発揮し、 現在は企業コンサルタントとして精力的に活躍する四方宏明が、この度 書籍『欲望とインサイト インサイトハンターの日常』(スピーディ・ブックス)を出版いたしました。  

この本はマーケティングや商品企画開発、技術開発、プロモーション、広告のクリエイティブなど、広くイノベーションに関わる仕事に携わっている人たちに向けて、「インサイト」の実像把握とその自在な活用によって、 新しい価値を生み出す力を獲得してもらうために書かれたものです。  

トークイベントでは聞き手に、「冒険の手引書」として後書きを執筆いただいた西村真里子さん(HEART CATCH Icc. 代表)をお迎えして、著書である坂井と四方が本書の魅力とともに「インサイト」について語り合います。 

 当日の構成(予定): 
 登壇者ご挨拶(5分) 
 書籍ご紹介(5分) 
 フリートーク(50分) 
 Q&A(30分) 

 登壇者: 坂井直樹 (株式会社Water Design 代表取締役) 
 四方宏明 (株式会社conconcom コンサルタント、株式会社Water Design 顧問) 
 西村真里子(株式会社HEART CATCH 代表取締役) 

※インターネット上で実施するライブ配信型のイベントです。 
※チャット形式で受け付けた質問へも回答いたします。  
お問い合わせ: 
ご不明点ございましたら以下アドレスまでご連絡ください。 
担当金澤 rina.kanazawa@water-nsl.jp

 

2020年11月30日月曜日

【参加無料/限定100名】 第3回ウェビナーいよいよ明日です。お席残り20名分となりました。参加ご希望の方はお急ぎください。

【参加無料/限定100名】 第3回ウェビナーいよいよ明日です。 お席残り20名分となりました。参加ご希望の方はお急ぎください。 お申込みフォーム:http://ptix.at/zuv9PB
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[開催スケジュール] ・第3回:12/ 1(火)⋅16:30~18:00 @ZOOM ・第4回:12/15(火)⋅16:30~18:00 @ZOOM 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【第3回概要】 テーマ: State of Media - メディア概況 - 概要:

 InstagramやTikTok以外に次なるメディアプラットフォームとしてLive CommerceやMetaverseという領域をご存知でしょうか?
ユーザー起点のコンテンツ(UGC)の効果が立証されつつある中で、新たな顧客接点としてDigital CampfireやEnterorizationというコンセプトが注目を集めています。
これらのコンセプトを捉えながら、新たな局面を迎えるメディア業界を解説します。
 
当日のアジェンダ(予定): ・Creativityの民主化 ・Community形成の”今” ・Metaverseというコンセプト こんな方にお勧め: ・デジタル上でのCommunication設計を担っている方 ・オンライン上での顧客体験向上を目指している方 ・ライブコマースに関心のある方 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
※第3回のみ参加募集開始いたしました。第4回は順を追ってご案内いたします。


 

2020年11月3日火曜日

コペンハーゲン発電所の頂上にある、雪のないスキーヒル、クライミングウォール、SDGsとエンターテインメントを複合した施設。


























これ良いですね。SDGsとエンターテインメントを複合した施設。コペンハーゲンの廃棄物発電所の上にある雪のないスキーヒルとエンターテインメントハブは、オープンから1年が経ち、アウトドア愛好家に開放されている。














ハフトン+クロウからの新しい航空写真は、霧の隙間を通して屋上複合施設コペンヒルをキャプチャし、ハイキングトレイルや訪問者が周囲を見渡すと、今では緑豊かな景観を示しています。アマーリソースセンターにある多目的サイトには、世界で最も高いクライミングウォール、建物全体を使った高さ80メートルの岩の構造さえある。












コペンヒルはデンマークの建築事務所BIGのプロジェクトであり、首都で最も高い展望だ。新しい複合施設はまた、多面的なエネルギー再利用を誇る。屋内植物は廃棄物を居住者の家の熱に変換し、屋外の生物多様性の丘は熱を吸収し、空気をろ過し、水の流出を最小限に抑える。

























 

2020年10月25日日曜日

食器、卵、ワインが粉々になり、オプティカルアーツによる美しくドラマチックなムービー

これは、ドイツの作曲家の最も有名な作品の1つだ。その不調和なパッセージのために、この曲は歴史的に、ルーベン・マムーリアンのジキル博士とハイド氏(1931)、テレンス・フィッシャーのオペラ座の怪人(1962)、ノーマン・ジュイソンの異所性ローラーボール(1975)などのホラー映画で使用されてきた。
 
オプティカルアーツによる新しい短編ムービーは、ディナーパーティーの悪夢を描いている。セラミックの皿とボウルが粉々になり、グラスの長いステムから赤ワインが階段状に水の落ちる滝のようなカスケードが流れ、鋭いナイフが床に飛び込む。爆発的なシーンにもかかわらず、速い走句(パッセージ)や細かな音形の変化などを伴った即興的な楽曲トッカータのように、同じ食器、飲み物、ゆで卵のプレートがシームレスに修復され、オブジェクト全体としてに浮かび上がる。 
物理的な接触についての多価の考慮事項である「トッカータ」という言葉は、イタリア語の「触れる」に由来し、演奏者の洗練された技術を披露するように設計された楽曲を指す。修復映画は、ヨハンゼバスティアンバッハのトッカータとフーガニ短調のオープニングセクションに設定されている。

 
 ドラマチックな作品は、「時間の性質、エントロピーと創造的なエネルギーの容赦ない暴力、そして音楽自体との関係」を探求している。ロンドンを拠点とするクリエイティブスタジオは説明の中で書いているのは、象徴的な作曲家のもう一つのアイデアだ。


 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.thisiscolossal.com/2020/07/optical-arts-tocatta/