2019年8月16日金曜日

地域ごとの民度が出ていて面白い、 グラフィティアーティストたちの“落書き”で溢れてい るパリ。



パリ20区。旅行者にはあまり馴染みのないベルヴィルBellevilleは、若い芸術家たちの集まる街。落書きが合法化された路地の一つであるRue Denoyezは、グラフィティアーティストたちの“落書き”で溢れてい る。奇抜なデッサンとオブジェがいっぱいのこの小道が有名だが、其の他のレアールやマレ地区にもユニークなグラフィティーがあった。





























ルーブル美術館の目と鼻の先、Palais Royal (パレ・ロワイヤル) から、若者でにぎわうLes-Halles (レ・アール) 界隈。マレ地区は現在では、パリでも有数のアートギャラリーが集まる地域である。その復興に続いて、ソーホー等と比肩されるようにマレ地区は流行の発信地となった。地域ごとの民度が出ていて面白い。
















































2019年8月14日水曜日

パリ猛暑体験パート3。現代美術の展覧会を企画するギャラリー「パレ・ド・トーキョー / 現代創造サイト」


パリ猛暑体験パート3。2002年1月開館。現代美術、コンテンポラリー・アートが中心であり、絵画・彫刻・インスタレーション・デザイン・ファッション・ビデオアート・映画・文学・コンテンポラリー・ダンスなどの展示・上演が行われている。






















セーヌ川に面した建物全体もパレ・ド・トーキョーと呼ばれる。市が所有する東翼にはパリ市立近代美術館(1961年開館)が入居し、現代美術の展覧会を企画するギャラリー「パレ・ド・トーキョー / 現代創造サイト」は国が所有する西翼に入居する。






















セーヌ川沿いのケ・ドビリー(Quai Debilly、ドゥビリ河岸)は1918年に第一次世界大戦の同盟国・日本の首都にちなみ「東京通り」(Avenue de Tokio)と改名されたが、これに面して立つことからパレ・ド・トーキョーと呼ばれるようになった。パレ・ド・トーキョーの一番の特色と言えば、常設展示のないこと。開催されるのは企画展示だけ。数ヶ月スパンで、複数のエクスポがそれぞれの展示室で開かれる。






















いつ行っても違うエクスポが見られるとは面白い発想ですね。建物の中は、コンクリート打ちっぱなしのとても現代的な空間。天井が高く、色んな形での展示ができるようになっている。ただそエアコンは無いので、とてつもない暑さを味わうことになった。作家名、作品名は不明。しかしいろいろな国の若いアーティストのエネルギは感じられる。














2019年8月12日月曜日

最高気温42.5。欧州全土が猛烈な熱波に覆われていた。欧州でエアコンの設備がある世帯は5%に対して日本のエアコン普及率は90.9%だ。


先月後半パリに10日間滞在した。最高気温42.5。欧州全土が猛烈な熱波に覆われている。6月はフランス、チェコ、スイスなど8カ国の気温が過去最高を記録し、フランスでは45.9度を観測していた。今回の熱波でも、パリの気温は42.5度に達した。

2012年、グリーンランドはすでに4000億トン以上の氷を失った。今年は2012年の記録は軽く超えるだろう。今回のような熱波は欧州の新たな常態になりつつある。フランスの気象庁も、二酸化炭素の排出を大幅に削減しなければ、これまで以上に頻繁に熱波に見舞われ、厳しさも増すと警告している。























欧州の都市の多くは、これほどの猛暑を想定した設計になっていない。2017年の報告によると、欧州でエアコンの設備がある世帯は5%に満たない。ちなみに日本のエアコン普及率は二人以上世帯で90.9%だ。さすがにホテルはエアコンが効いているが、マレ地区周辺のカフェやバーなどはドアも窓も全開の状態で、皆平然とビールなどを飲んでいる。





























今回の旅行の目的は美術館や博物館の見学が中心だったが、この異常気象のパリは私にとっては貴重な体験で、日本のように世界標準を遙かに上回る異常に快適な空間を当たり前のように暮らしてきたことも考えさせられた。






















5区にあるパリ植物園をはじめ、温室、動物園、そしていくつかの博物館(ギャラリー)からなる組織が、国立自然史博物館(Muséum national d’Histoire naturelle)で、オーステルリッツ駅側の入り口寄りにある「比較解剖学と古生物学のギャラリー」と、モスケ・ド・パリ側の入り口からすぐの「進化大ギャラリー」だ。

実は、この博物館も体温超えの室温にもかかわらずエアコンがなかった。この日はあまりにも高温で二階は入室禁止となっていた。

2019年8月6日火曜日

パリの新シェアリングサービス、電動キックススケーター「Lime-S」

久しぶりに行った42.5度のヒートウエイブのパリの変化を書いていく。さてどの町でも印象を一変させるサービスがある。かつてのコンビニやスターバックスもそうだった。今回はライム色の派手な乗り物が町の風景を一変させた。老若男女が乗り回しているのもパリならではだろう。















ヴェリブ(自転車)をはじめ、パリにはさまざまな形のシェアリングサービスが展開されています。その中で今年6月から新しくサービスが開始されたのが、米Lime社による電動キックスケーターシェアリング「Lime-S」だ。

ヴェリブのように、街中に設置されたステーションに返す形ではなく、ofoやMobike(ともに自転車)のように道端に乗り捨てるステーションフリー方式。使用にはまずスマホにLimeのアプリ をダウンロードするとことから始める。ダウンロードしたら、起動してユーザー登録を済ませる。

















登録が終わるとアプリ上の地図で、どこにLime-Sがあるか確認できるようになる。借りるためにはアプリで事前にいくらかの金額を、チャージすることが必要。チャージはアプリを経由してクレジットカードで決済可能だ。

















アプリの地図を見てLime-Sを探し、車体を見つけたらハンドルに付いているQRコードを、アプリのカメラ画面で読み込む。QRコードが読み込まれるとその車体がアンロックされ、使用できるようになる。

現在、日本でシェア電動スクーターを体験できるのが、埼玉県のさいたま市・川口市エリアだ。ドイツ・ベルリンに本拠地を構えるWind Mobilityの日本法人が3月29日にシェア電動スクーターサービス「WIND」 のステーションを埼玉高速鉄道 埼玉スタジアム線 浦和美園駅改札外に設置。電動キックススケーター「Lime-S」も日本に導入されると聞く。





2019年7月17日水曜日

北米各地の子供たちがアニメーションでミュージックビデオを作成するために3,000フレーム以上の絵を制作した。














Meg MyersがKate Bushの曲をカバーしたアニメーションミュージックビデオは、子供の塗り絵を生き生きと動かしている大人と子供の共同制作だ。 Jo Roy監督は最初にマイヤーズをクロマキーで撮影し、ミュージックビデオで見れるようにクロール、クライミング、フライングを実行した。次に、3,202フレームのそれぞれを白黒の塗り絵の本のページとして印刷した。

10の学校からの小学校の子供たちと米国とカナダのアートプログラムは、提供されたクレヨンカラーパレットで、彼らが望んだページを着色した。2,100人以上の子供たちが、結果として生じるアニメーションに貢献した。そして、それはマイヤーズが変容する蛾として宇宙を探検する動画になった。黒い輪郭線の中に、走り書きのようなチューリップの絵と陰影を付けた惑星が、歌手の翼のある旅の背景を形成している。





https://www.joroy.ca/
https://soundcloud.com/megmyersofficial
https://www.thisiscolossal.com/2019/07/meg-myers-music-video/

2019年7月15日月曜日

WanJin Gimによるデッサンは一見単純なジェスチャーの微妙なエネルギーをとらえる。

WanJin Gimは、素肌の微妙な色と質感を示す絵画には驚く。 主にクラフト紙で描いているGimは、手や腕、足。そして色の配列を使ったクロスハッチング(インク図面や印刷に最も一般的に関連する技術)を使っている。 主題は単純だが、ジムの絵は慎重にレンダリングされた手足のジェスチャーがエネルギーで脈動している。































https://www.instagram.com/willeys_art/