2019年11月13日水曜日

Stylusとamanaの共催イベントが昨日2019年11月 12日に行われました。



内容は「Innovationを牽引するには何が必要か、どういう苦労を乗り越えたのか」といった内容を廣田周作氏のファシリティーの元、坂井がサポートしながら、日本ゼオンの特命X1プロジェクト/projectLNESのリーダー児島 清茂氏にお話伺う形で行われた。
左から日本Stylus 社の秋元陸社長 廣田周作氏 児島 清茂氏 坂井直樹
























WATER DESUGNは、電通でイノベーションリサーチや未来戦略を研究していた現在HENGEの廣田周作氏と協力して、Stylus社のノウハウを紹介している。Stylus(http://www.stylus.com/)は、イノベーションに関する調査・助言を行い、企業の未来戦略や新規事業などの経営戦略をサポートするアドバイザリーファームだ。






















2009年英国ロンドンに設立し、現在世界中で500社以上、日本でも30社以上のクライアントを獲得。「アドバイザリーチームの専門知」と「領域横断的な情報ネットワーク」を武器に業界の垣根を超えてイノベーションのアイディアを提供している。






















イギリスとアメリカを拠点に、世界中のイノベーションを調査・研究し、企業の新規事業開発のアドバイスを行うStylus。これまで同社は、世界のイノベーション事例を紹介するイベント「Innovation Forum」をロンドンとニューヨークで開催してきたが、ついに2016年7月、日本に初上陸を果たし2019年11月 12日 (火曜日)amanaとstylusの共催イベントが行われた。
パーティービール



2019年11月7日木曜日

革新的な拡張現実の本がダンス、演劇、文学、テクノロジーを融合した。




Adrien M / Claire B Companyとして一緒に働いているAdrien MondotとClaire Bardainneは、マルチメディアプロジェクトで具体的で拡張された現実の交差点を探る。彼らは最近、彼らの最新プロジェクトであるAcqua Alta – Mirroring the mirrorをサポートするKickstarterを立ち上げました。 Acqua Altaは、一見シンプルなポップアップ本を白黒のアニメーション世界に変える。

2人の人物がページ内を移動し、暴風雨と戦い、出入り口を歩きます。これらはすべて、タブレットやスマートフォンのポータルから見える。「魔法のようなシーンは、実空間とAR空間が完全に同期している場合にのみ発生する。」「劇場、ダンスだけでなく、コミック本やアニメーションなど多くの分野の境界にいることは非常にエキサイティングだった」と語ります。

2019年10月22日火曜日

ジェシカ・ウィンによる数学者の計算で満たされた美しい黒板



パリのアンリ・ポアンカレ研究所のシカゴ大学のアミー・ウィルキンソン。画像はJessica Wynne提供。写真家兼ファッション工科大学の教授であるジェシカウィンは、昨年、数学者が黒板に描いた数字、記号、モデルの記録に費やしました。写真は、大部分が放棄された媒体の中で、専門家の思考過程を捉えている。














ウィンは、「黒板の盤面に描かれたの美しさ、謎、そしてはかないものを永久的な文書に作成する喜び」のために、ほこりっぽい黒板の作業面の写真を撮ることを楽しんでいると語る。「Do Not Erase」写真シリーズは間もなく本で出版される2020年にリリースされるプリンストン大学出版局には、世界中の機関や大学の理事会が含まれている。














Wynneは、「ボード上の作品が表面をはるかに超えた何かを表していることを同時に認識しながら」、視聴者が加工された表面の美学を評価できることを望んでいる。













ウィンは、数学者にシンパシーを感じていると付け加える。 「彼らの想像力が彼らを導き、真実を創り出し、発見するという高い志を持っているアーティストに似ている。」






https://www.thisiscolossal.com/

2019年10月19日土曜日

拡張現実と昔ながらの木工技術が、フィンテックで一躍名を上げたエストニアのタリン市はしなやかなパブリックアートを作り上げた


2019年のタリン建築ビエンナーレで、発表されフィンテックで一躍名を上げたエストニアのタリン市の新しい公共建築物が大きな評価を受けた。 SoomeenHahm Design、Igor Pantic、およびFologramによって作成された少しスチームパンク的なアート、しなやかな彫刻のパビリオンで先進的な技術と旧世界の木工技術を融合している。隈研吾さんが最近盛んに木材を外側に使った建築を作っている。
















 「コンピューター支援製造とロボット工学により、建築家は設計の具体化をかつてないほど制御できるようになった。伝統的な工芸の慣習によく見られるニュアンスと繊細さは、ロボット生産のアーティファクトにはありません」と設計チームは語った。















設計者は、急降下するカーブ構造を形成するために、拡張現実を使用して投影されるデジタルモデルを作成した。これらの投影法は、スチームパンクを構築するためにスチームベント広葉樹とハンドツールを使用した建設チームのガイドとして機能した。

ttps://www.dezeen.com/


2019年10月13日日曜日

北京に行くときは、必ず泊まる「NUO ホテル」中国の進化を見ることが出来るラグジュアリーホテル。






























北京が提供するワールドクラスのomotenashiサービスで、中国の進化を見ることが出来るラグジュアリーホテル。798芸術区の拠点となるシックなエリアに近いNUO Hotel Beijingは、数多くの芸術作品の宝庫で、地下鉄将台駅(14号線)から徒歩15分のロケーションにあります。スパセンター、宴会場、ギャラリースペース、フィットネスセンター、レストランを併設している。




































NUO Hotel Beijingは、賑やかな飲み屋街の三里屯酒吧街まで車でわずか20分、北京南駅と北京西駅まで車で35分以内、北京首都国際空港まで車で35分だ。部屋はテクノロジーと芸術、環境保全への配慮を組み合わせ、モダンな明王朝風にデザインされている。落ち着いた青、白、ダークブラウンを基調とした内装で、伝統的なランタンと絵画が飾られている。部屋の専用バスルームにはホットタブ。忙しい1日の後にくつろげるシーティングエリア付きのお部屋もあります。






















滞在中は茶室で香りの高いお茶を楽しんだり、名高いアーティストによる洗練された芸術作品が展示されているスパセンターでスパトリートメントを受けられる。ホテルでは宿泊客が旧市街の魅力を体験できるよう、自転車や車のレンタルサービスも提供している。フリータイムは屋内スイミングプールや庭園でくつろげる。





















NUO Hotel Beijingには、終日営業の中国料理レストランN' JoyやJiaをはじめ、多様なニーズに応える6軒の飲食店がある朝陽区は「ショッピング」「食事」「伝統料理」に興味がある人におすすめ。









https://jp.hotels.com/ho492449/?pa=1&tab=description&ZSX=0&SYE=3&q-room-0-children=0&q-room-0-adults=2